図書館という垣根を超えた場所「りぶら」


libra1

図書館とは思えないほどのオシャレさと充実した施設

『りぶら』は、岡崎市にある「図書館」「活動支援」「文化創造」「交流」の4つの機能で構成される図書館交流プラザのことで、愛称がりぶら!
Libraとは、「図書館」を意味する「Library」と「自由」を意味する「Liberty」を組み合わせた造語です。

図書館以外にもさまざまな施設がある複合施設。図書館を中心にしたショッピングモールのような雰囲気!

<りぶらの4つの機能を紹介!>
1.図書館
libra2

Libra内にある図書館は岡崎市の中央図書館で、約71万冊もの収蔵を誇ります。
一般的な図書館だけでなく、児童書や絵本、紙芝居などを中心に扱う子供のための「子ども図書室(下図)」というスペースがあり、お子さん連れでもくつろいだ雰囲気の中で本に親しむことができます。

libra3

また「おはなしのへや」という読み聞かせを聞くことができるスペースもあります。
そして専門的な内容にもっと触れたい人には、「レファレンスライブラリー」というフロアがおすすめ!ここには地域資料や参考資料など、専門性の高い資料を揃えている。たとえば、岡崎市ならではのコレクションとして、家康文庫、岡崎学コーナーがあります。
岡崎城にいき、岡崎の歴史や徳川の歴史を知りたくなった人にもおすすめ!
ポピュラーライブラリー内、子ども図書室内の本は、愛知県内在住、もしくは愛知県内に在勤・在学の人であれば貸出カードを作ればだれでも貸出することができます。

2.活動支援

libra4
岡崎市民が自主的に進める生涯学習および社会貢献活動を総合的に支援することを目的として、さまざまな講座の企画、生涯学習を含む市民活動の情報の提供、相談事業等を実施するとともに、活動に必要な設備やスペースも提供しています。

りぶら講座は、たとえばフィットネスなどの体操からフラワーアレンジメント、また、岡崎の歴史を知ることができる講座もあります。
講座の一覧表はこちらのURLから↓
http://www.libra-sc.jp/project/2013112009120602.html

Libra内にある調理室では不定期に料理教室なども開かれています。

3.文化創造
岡崎らしさを発見・発信する場として、文化や産業など様々な目的に対応する多目的ホールや音楽スタジオ、展示室などの施設が整っている。
libra10

多目的ホールでは市内の団体が発表会を開いたり、座席が可動式なので床をフラットにしてパーティなどにも使用することができる。
基本ホール内の催しものを知ることができるのは主催者からの宣伝からのみなので事前に確認するのは難しいが、運が良ければふらりと訪れた時にイベントが開かれているかもしれません。

libra6

スタジオは、音楽練習のためだけでなくダンスバーや姿見鏡などを設置することによりダンスの練習など多目的に使用することができます。
どの施設も比較的安価に利用することができる。施設利用には利用者登録などの手続きが必要。
施設利用方法、注意事項はこちらのURLから。
http://www.city.okazaki.aichi.jp/libra/804/p014022.html

料金表はこちら

3.交流
Libra内ではたくさんの交流スペースが設けられています。
libra7

椅子やテーブルなどがたくさん置いてあり、待ち合わせや少人数の打ち合わせなどさまざまな「交流」をすることができるのがポイント!
飲食休憩も可能なので、一休みしたい時に利用してみては?
乳幼児室も完備されていて小さいお子さん連れでも遊んだり休憩することができるのでお母さんも安心!

4.Libraにしかない独自施設!
「内田修ジャズコレクション展示室~ミュージシャンとの交流を物語るジャズ資料の数々~」。

libra8

岡崎は、実はジャズの街としても有名。その筆頭が外科医として岡崎市内で病院を開業する傍ら日本のジャズミュージシャンの活動を支援し、多くの新人を発掘した「ドクター・ジャズ」こと内田修氏です。
Libraにはそんな彼の世界有数のジャズコレクション(レコード・プライベートテープ・書籍・オーディオ)が収容されています。1日に3回レコードコンサートを毎日開催しています。ジャズの名盤や日本のジャズミュージシャンの未発表音源を聞くことができます。

「歴史資料展示室『岡崎むかし館』」

libra9

歴史資料のほか、人々の暮らしの移り変わりや祭り、岡崎の偉人の功績などを紹介・展示しています。
主に小中学生が授業で学習する内容を中心としているため、岡崎に興味を持った家族連れにはとってもおすすめ!

●りぶらの一大イベント!
Libaraの1年の中で最も大きなイベントは11月にある「りぶらまつり」。
上記に挙げたりぶら講座も数多く開講され、スタンプラリーもあるのでお子さんも楽しめるイベント!
地元岡崎のごはん屋さんも出張出店しており、Libra内でごはんを食べることもでき、
フリーマーケットなどもあります

このように、様々な施設が充実しているりぶら。
親子で学び、遊ぶにはうってつけの場所。
せっかくの休日、ゆっくりもしたいが家族で出かけたい、
コストをかけずに充実した休日を過ごしたい、
そんな家族におすすめの場所です。

<りぶらの基本情報>
住所:〒444-0059 岡崎市康生通西4-71
TEL:0564-23-3158
営業時間:9:00~21:00
休館日:毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は開館)。年末年始(12月29日から1月3日)
アクセス:
・名鉄 名古屋本線東岡崎駅より
(徒歩の場合)北西へ徒歩約20分
(バスの場合)名鉄バス「岡崎拠点快速バス(岡崎駅・市民病院線)」又は、「日名町行き(魚町・康生町経由)」で『図書館交流プラザ』バス停下車
・名鉄 名古屋本線岡崎公園前、愛知環状鉄道中岡崎駅より
(徒歩の場合)北東へ徒歩約15分
(バスの場合)まちバス「東西ルート」で『図書館交流プラザ』バス停下車
駐車場
約450台(施設利用者は2時間まで無料(それ以降30分100円))+約300台(無料)
アクセス