1、ダーツの旅 in 明大寺町


明大寺町の北側の町境には乙川が流れており、北側には岡崎市中心街、南側は住宅地を形成しています。
どのあたりかというとざっくり名鉄東岡崎駅の付近です!岡崎と付く駅は、JR岡崎駅、名鉄東岡崎駅、中岡崎駅、北岡崎駅、JR西岡崎駅があります。
その中でも明大寺町の最寄りは名鉄東岡崎駅です。名鉄東岡崎駅の駅前は、居酒屋などの飲食店がたくさんあり、夜は賑やかです。
明大寺町には明大橋という橋があります。橋の上から乙川を覗くと鯉がたくさん泳いでいます。鯉には、エサもあげられるのです!
「みかちゃんのエサ」というエサ売り場があります。あなたもみかちゃんを餌付けしてみては?
そんなにぎわっている岡崎の中心市街地、明大寺町で「明大寺町で美味しいお店はどこですか」と突撃インタビュー開始!
明大寺町は駅前ということで人の数も多く、目に入った人々にひたすら声をかけました。
明大寺町にある萬徳寺保育園のあたりを歩いていた親子にインタビューをしたときは、
子どもに「誰この人?」というような目でずっと見られて悲しかったです。そういう時もあります。

東岡崎駅

ここが名鉄東岡崎駅です

明大橋

明大橋です

乙川

明大橋の下を流れる乙川です。鯉のみかちゃんが潜んでいます

 

 

 

 

 

 

 

そして今回の突撃インタビューで知ることができた明大寺町の美味しいお店は、

・『がんこ親父』

・『龍のおとし子』

・『フジヤマ55』

・『萬珍軒』

・『一色屋』

 

なかでも、特に絶賛されたお店は『フジヤマ55』。休憩中のタクシーの運転手さんが、教えてくれました。やはり「ココだ!」というお店は『フジヤマ55』だろうという意見でした。「あそこはいつも賑わっているイメージがあるねえ」とのことだったので、私は『フジヤマ55』の人気の理由を探りに行こうと決めました。

今回取材したお店は、『フジヤマ55 東岡崎駅前店』。東岡崎駅の北口から出て歩いて2分のところにあります。黒い字で「つけ麺・ラーメン」とデカデカと書いてある白い看板がお店の目印です。フジヤマ55・・・ひときわ変わった名前だと思っていました。店主の平山栄柱さんに店名の意味を聞いてみました。「『フジヤマ55』のフジヤマは富士山を訓読みにしたもの。そのままフジサンよりも、フジヤマのほうがインパクトがあるから。あと富士山は日本一の山!富士山と同じように、量でも味でも日本一を目指しています。55は、GoGoとかけています。まあでもGoGoだと長くなっちゃうから数字の55なんです。屋号は、やっぱり覚えやすいことやインパクトがあることが大切だと思います」と平山さん。『フジヤマ55』は常に上を目指しているのです。

外観

フジヤマ55の外観

店内

フジヤマ55 店内

 

 

 

 

 

 

お店に入って私の目に最初に入ってきたのは、壁を埋め尽くすぐらいの大量のサイン色紙。一枚一枚サイン色紙を眺めてみて一番ビックリしたのは、西野カナのサイン色紙があったこと。西野カナって岡崎に来たことあるんだ!岡崎出身のお笑い芸人キンタローのサイン色紙もありました。このように、全国で大々的に活躍している有名人のサイン色紙もあれば、岡崎ゆかりの人のサイン色紙もたくさんありました。例えば、味噌崎くん、グレート家康公葵武将隊、オカザえもんなど。

サイン色紙

キンタローの、西野カナ、オカザえもん、家康公葵武将隊のサインあります。

 

 

 

 

 

 

 

『フジヤマ55』は本店が名古屋の大須にあります。4年前に『フジヤマ55 東岡崎駅前店』が開店しました。なかでも『フジヤマ55 東岡崎駅前店』は、岡崎まぜめんを提供している32店舗中のひとつであり、家康らぁめんを提供している7店舗中のひとつでもあります。私も今回せっかくだから岡崎にちなんだラーメンが食べてみたいということで、八丁味噌を使った『家康らぁめん 本多忠勝スタイル(¥850)』を頂きました。本多忠勝といえば戦国最強の武将。そんな本多忠勝の男らしさを表現した厚切りのチャーシューがどかーんと乗っています。とっても柔らかくて食べやすいチャーシューでした。野菜もたくさん入っていてボリューム満点です!お腹いっぱい食べたい人はぜひ頂いてみてください。

『家康らぁめん 本多忠勝スタイル(¥850)』

『家康らぁめん 本多忠勝スタイル(¥850)』

『家康らぁめん 本多忠勝スタイル(¥850)』と私

『家康らぁめん 本多忠勝スタイル(¥850)』と私

 

 

 

 

 

 

 

平山さんは「つけ麺を主に提供しているんだけど、例えば、初めて来るお客さんには、ここでしか食べることのできない岡崎の名物のラーメンを食べてほしいな。」とのこと。「実際に、岡崎まぜめんや家康らぁめんをメニューに取り入れたところ、岡崎に来る観光客もお店に寄ってくれるし、グレート家康公葵武将隊のファンも来てくれるし、おじいちゃんおばあちゃんも来てくれるようになりました。それに、観光客から岡崎の情報を求められても全然答えちゃいますよ」と自信満々の平山さん。平山さんの話を聞くと、大元の本店の味は守りつつ、地元に密着した地域性のあるお店だということがわかってきました。平山さんは岡崎が大好きであるということが伝わってきます。

55仮面さん

フジヤマ55東岡崎駅前店限定ゆるキャラ。55仮面。

 

『フジヤマ55』は回転率も早くお客様と接する時間が短い中でも、お客様への気配りを大事にしています。岡崎、お客様をとても大切に想っているお店です。「老若男女ウェルカム!みんな来て!八丁味噌つかってるよ!」と呼びかける平山さん。ぜひみなさん立ち寄ってみてください。

 

住所 〒444−0864

岡崎市明大寺町川端6

 

電話番号 0564-26-5455

営業時間 (月〜日)11:30〜15:00  17:00〜24:00

夜10時以降入店可

定休日  なし

駐車場  なし

 

 

 

1、ダーツの旅 in 明大寺町
2、ダーツの旅 in 生平町
3、ダーツの旅 in 幸田町坂崎