あのころの未来にぼくは立っていませんが


ぼくの夢は「サッカー選手」でした。

いまだに夢見がちな33才。アンビシャスの石原です。

 

 

小学生のときにJリーグが開幕し、

その波に乗って「将来はJリーガーになる!」と卒業文集に書きました。(ちなみに所属していたのはソフトボール部)

そして、15才を迎えるころには「草サッカーでもいいかなあ…」と。

さとり世代でもないのに悟るの早すぎ!恥ずかしい。

 

あのころの未来にぼくは立っていませんが、

幸運にもぼくは、デザインというあたらしいフィールドを見つけることができました。

 

いまではデザインや編集などいろいろな仕事をしていますが、

この仕事を選んだのは、とある人たちとの出会いがきっかけです。

 

「いい出会い」は「人生を変える」と思います。

一人の人物との、一冊の本との、一本の映画との、一曲の音楽との、一面の景色との出会いが、

良くも悪くも今後の人生を左右することがあります。

 

アンビシャスで取材した人たちも口を揃えて言いますが、

「出会い」を「いい出会い」にするためには、打算的な考えをもたないことが大切。

「この出会いを利用すれば自分に大きなメリットがでるな。へっへっへ」とか、

そういうことを考えない。

純粋にその出会いを受け止めることが吉。です。

 

サッカー選手という夢を早々に見失い、

やりたいこともなく、登山と寺巡りにあけくれる生活をしていた18才のころ。

かつて康生にあった服屋さんで、ぼくはその人たちと出会いました。

 

IMG_2261

 

つづく。