あひるの空


暑い日が続いていますね。

根拠のない自信をもつことの重要性を訴えたい!でお馴染みアンビシャスの石原です。

 

10年以上前の話しですが、

この人たちにデザインができるなら…。絶対おれにもできる!」

という根拠のない自信を胸に、ぼくはデザイナー人生をスタートさせました。

 

結果。驚くほどデザインができない!

そもそも、なにができていて、できていないのかもわからない!

しかし!

ぼくはその勘違いのおかげで、怠惰に過ごしていた日々に終止符を打ち、

デザインという新世界に一歩を踏み込むことができたんです。自分の意思で!

 

ここで重要だと思うのは、

「できる」「できない」にかかわらず、

ぼくはデザインを「やった」ということです。

そして今もやり続けています。

 

いつだって重要なのは、「やる」か「やらない」か。

『この世界には“やらされている”なんて言葉はない。どんなキツイ練習だろうが、どんな理不尽な要求だろうが、最後に決断して動くのは自分自身だ』

と、あひるの空(漫画)でバスケ部の監督が言っていました。

 

仕事もそうだと思います。

よく「仕事をやらされている」なんて言う人がいますが、

仕事のために体は勝手に動きません。

自分の意思で、その足を、その手を動かしているんです。嫌々かもしれませんがね。

 

仕事でもなんでもそうですが、

「楽しいこと」もあれば「嫌なこと」もあるでしょう。

だからこそ重要なのは、「やる」か「やらない」か。

 

 

「興味をもったモノがあるけど、不安で挑戦しようか迷っている…」っていう人がもしいたら、

根拠のない自信をもち、自分の意思で足を動かし、新たな一歩を踏み出してみてください!

と、声を大にして言いたいですね。