小さな視点、大きな視点 LOCAL DESIGN FORUM 感動と共感が生む特別な経済価値


ビジネスへのデザイン活用において、作り手の感性に由来するこだわりやスピリットが、ものやサービスに息づき消費者に語り始めるとき、つまりは「もの語り」として消費者の感性に訴え、感動、共感、共鳴を得たとき、それは特別な経済価値を生み出していきます。

岡崎市においては、デザイン活用の必要性が事業者に認知されつつありますが、デザインが果たす本来の役割や重要性の理解は十分ではありません。

また、中小企業や個人事業主とデザイナーとの関係が十分に築けていない状況や、マーケティングやプロモーションといったデザインの前後工程を含めた提案のできるデザイナーの不在が考えられます。

本フォーラムは、「greenz.jp」よりプロデューサーの小野裕之氏を講師に迎え、様々なソーシャルデザインの先進事例の成功理由を紐解いていただくことで、事業者のデザイン活用に対する理解を深めると共に、デザイナーが果たすべき「本来の役割」と、現在(いま)社会に求められているデザイナーの職能について見つめ直す場とします。

 

【概要】

日時:8月28日(金)18:00-20:30(17:30開場)

  • 岡崎市図書館交流プラザ りぶら3F会議室(岡崎市康生通西4丁目71 3F)
  • 定員:100名(事前申込み先着順)
  • 参加費:無料
  • 対象:中小企業経営者、個人事業主、起業家、学生、デザイナー
  • 講師:小野裕之氏(greenz,jp プロデューサー / NPO法人グリーンズ事業統括理事)
  • 主催:岡崎市
  • 企画・運営:岡崎まち育てセンタ―・りた
  • 後援:岡崎商工会議所、岡崎市六ツ美商工会、岡崎市ぬかた商工会

 

【プログラム】

  • ゲストトーク60min

講師:小野裕之氏(greenz.jp プロデューサー / NPO法人グリーンズ事業統括理事)

  • パネルディスカッション 60min

パネリスト

・小野裕之氏

・稲波伸行氏(OKa-Biz デザインアドバイザー / R.W.)

・町田由徳氏(岡崎女子短期大学 准教授)

終演後は交流会30min

 

【問い合せ・申込み】

岡崎まち育てセンター・りた(担当:永井)

電話:0564-23-2888 FAX:0564-23-2898

Email:plus_social@okazaki-lita.com

 

ODG_フォーラムチラシ_0731[縮小]_ページ_2