一段落、かな


岡崎グランプリマガジン(仮)

岡崎グランプリマガジン(仮)

第2回岡崎グランプリから早半月(以上)。

現在、レポート的なチラシを制作中です。

イベント当日のレポート、岡崎グランプリまでのPR活動について、オカザえもんのレーシングスーツが出来上がるまでの過程、そして収支報告をまとめたものになります。

これで本当に第2回岡崎グランプリが終わるという気持ちです。

そして頭の中は第3回岡崎グランプリの企画でいっぱい。
企画というか、開催までどうイベントを組み立てていくか、という企画。PR活動とか、誰とどう仕事をするか、とか。
ホップ、ステップ、と続いたら、その次はジャンプなわけです。ジャンプ。
で、ジャンプしたらオシマイではなく、さらに高い場所でポジションを維持し続けていけるようにしなくてはいけない。そのための企画。

先日、モータースポーツのニュースの中にデモラン関連の記事があり、東京お台場の次に岡崎市の名前が出てきました。
レーシングカーのデモランはお台場の他に横浜や鈴鹿等でも行われています(たしか)。そのような有名都市の名前よりも先に岡崎市が出てきたのはとても嬉しかったです。岡崎グランプリを続けて良かったと思いました。そしていつかお台場よりも先に岡崎市の名前が出るようにしたい。
そのためにも大切なジャンプ。

いざ勝負。